腸を元気にする色々な解消法を紹介

便秘解消法のコツ!

このページでは、乳酸菌メーカーに勤めていた知識と経験をもとに説明させていただきます。ちょっと視点を変え意識改革することであんなに悩んでいた便秘がスーッと解消できることだって多々あるんですよ。

 

便秘対策と言えば、なんといっても腸内細菌の存在やその役割が決め手となります。

便秘だけでなく美容や健康、そして心や性格にも影響を与えるところまで解明されつつあり、ますます注目される細菌達です。

そしてここ最近、「ビフィズス菌を増やすだけではダメ!」と言われているのご存知ですか?

腸内細菌の研究が進むにつれて、善玉菌とか日和見菌とか悪玉菌などと区別すことに疑問符がつくようになったのです。

その理由は、日和見菌にしろ悪玉菌にしろ便秘解消に役立つことがわかったからです。例えばクロストリジウム属の細菌は、これまで悪玉菌のグループでしたが、中には腸活に役立つ酪酸という有機酸を作る種も発見されたからです。

ですから今は、全ての腸内細菌が有効に働くよう対策しなければいけなくなったのです。

そのための土台となるのは食事、健康の為に食べるのが本来の主旨ですが、それプラス “自分の腸内細菌にも栄養を与えないと” そんな意識を持って食事をしてみてはいかがでしょう。

例えばお腹の中で大事なペットを飼っているという気持ちになれば、もっと野菜や発酵食品を摂らないといけいと思うようになったり、好物はなんだろうと調べたりして知らず知らずのうちに便秘が治ることだってありますから!

 

これでも治らない時はオリゴ糖がおすすめです。

パソコンやスマホで検索しますと色々な商品が紹介されており、中でも特に「カイテキオリゴ」や「はぐくみオリゴ」などは広告を含め色々なサイトで紹介され、よく売れている商品で便秘解消の貢献度も高いと思われれます。

 

毎日ドッサリ出来る話題のはぐくみオリゴ

 

100万個以上売れてるカイテキオリゴ

 

それとネット界ではあまり目立ちませんが、素晴らしいこだわりのオリゴ糖商品があります。

「75オリゴ」というもので、ロングセラーとガラクトオリゴ糖を売りにしており、それと他のオリゴ糖の説明とは違った視点から便秘対策を推奨しています。

それはビフィズス菌を増やすというよりも大腸のエネルギー源となる『有機酸』を増やして便秘を解消させていくノウハウです。

75オリゴ糖へ

 

こうしてそれぞれ各メーカーのホームページを拝見しますと、説得力がありかなりレベルの高い商品ばかりです。

しかし、よく吟味し購入されたとしても残念ながら効かない場合もあります。

薬でも70%の効き目と聞きますから、サプリメントとなるとその確立は下がると見ます。便秘度合いにもよりますが・・。

私が勤めてました乳酸菌飲料は、これらのオリゴ糖商品よりもっと高い1万円以上、品質も負けず劣らずで最高の商品でしたが、効かない人にはどんなに飲んでもらっても効きませんでした。

 

でもせっかくご購入されたものがダメだからといって、もう利用しないのはもったいないです。

便秘に効かなくても中身は本当によいものですので、できればそのまま最後まで飲みきってください。

そして諦めないで下記のことを生活習慣に取り入れてみてください。するとオリゴ糖の効果が出始めてスッキリ解消できる日が近くなるかもしれません。

 

便秘解消のフローチャート

腸内細菌の育菌・健康なうんち作り・腸の習慣付け・腸活アップ、4つの項目を継続してやりましょう!

分かりやすいように下記の通りフローチャート図を用意しました。

便秘解消のフローチャート

 

【腸に習慣づけを】

腸内時計

「腸は習慣性の臓器」と言われてます。生活習慣の乱れが便秘の原因になりますので規則正しくしましょう。

特に朝は貴重な時間帯、決まった時間に起床、まずコップ1杯の水分、その後朝食をして便意がなくてもトイレ時間を作ります。

時間はかかりますが、習慣づけは便秘解消の重要ポイントです!

 

【腸活力をつける】

ストレッチ体操

腸のぜん動運動が弱っている時は、必ず自分に合った適度な運動やストレッチをしましょう。

腸をひねったり、腹筋やストレッチ、ヨガや腹式呼吸、マッサージなど1年先を見据えコツコツ根気よく続けることです。
朝と寝る前の1日2回、3分~5分を目安に!

カラダ全体の代謝改善が腸活によい影響を与えます。

 

【健康なうんち作り】

おにぎり

便通改善にはうんちの質、量、柔らかさが大事!便はそもそも食べ物の不消化物、何を食べるかで決まります。

水分+食物繊維も大事ですが、やっぱり主食のご飯が決め手、冷めたおにぎりには便秘に効く秘密がつまっています!

便秘に効くの食べ物、主役は「おにぎり」

 

では最後の項目、ここが便秘解消度指数の7、8割を占める

【腸内フローラを整える】

腸内細菌の拡大図

腸内細菌の活力をあげる

腸内細菌を研究している科学者たちは「腸内フローラは臓器の一つだ」と表現しています。

それだけ私達の生体機能に密接にかかわっている腸内細菌、これを味方につけるかつけないかでは結果は全然違います。

ビフィズス菌を増やすこ、腸内細菌が働きやすいよう環境を整えること、そのためには腸内細菌が喜ぶ食事+オリゴ糖をとることが一番効果的です。

喜ぶ食事とは和食です。主食はご飯、そしてタンパク質と食物繊維がたっぷりの一汁三菜です!

そしておすすめのオリゴ糖は下記の通り!

毎日ドッサリ出来る話題のはぐくみオリゴ

100万個以上売れてるカイテキオリゴ

ガラクトオリゴ糖100%の「75オリゴ」

 

便秘に効く食べ物を摂る

善玉菌が棲みやすい腸内環境にしましょう。

楽しい食事に心がける

腸内環境を整える食事

善玉菌が棲みやすい腸内環境にして下さい。

食生活では腸内環境を整え便秘に効く食べ物を積極的に食べましょう。
野菜、豆類、穀類、キノコ、海草類、発酵食品など幅広く取り入れた食事に心がけます。
善玉菌達が安心して住める腸内環境に改善してあげて下さい。

 

便秘に効く食べ物とは

タイプ別の便秘対策

【色々なタイプや年代別の対策について】

急性便秘の場合
慢性便秘前の場合
頑固な便秘の場合
妊娠中の場合
子供さんの場合
高齢者の場合

 

あれこれ便秘関連の雑学

色々な角度から便秘と腸、対策について考えてみよう。

色々な便秘解消を考えてみる

腸や便秘の雑学集

色々なことを情報収集してみると新しい発見があります。

腸の免疫システム、食物繊維がかえってマイナスになる、便意がない原因他、色々な情報を雑学としてご案内してます。

 

あれこれ便秘関連の雑学