管理人の便秘解消の気づき日記

TOPページ > 日記一覧 > 病院の治療

強力オリゴ糖で便秘解消

  • 高品質のガラクトオリゴ糖

どこの病院でも処方薬に頼る

2011年10月05日

 

10月になり朝・晩は肌寒くなり秋が実感できる季節になりしたね!

食欲の秋です。

美味しい物を沢山食べて快便快食したいものです。

 

先日、数年ぶりにオリゴ糖の再注文を頂いた方からお電話頂きました。

数十年以上、便秘薬を常用また量がだんだん増えたお客様からです。

オリゴ糖を半年間ほど摂っていただいたのですが、残念ながらご期待に応えられず
その後はご注文を頂いてない状況でした。

それが久々にガラクトオリゴ糖のご注文を頂くことになりました。

 

その時に、色々とお話をお伺いした内容を書きます。

 

今はかなり遠いクリニックに通っておられるとのことです。

このクリニックは、全国から同じような悩みを持った方がこられる人気のある病院のようです。

 

そこの先生から

「最終的には便秘薬に頼らなくても便が出るようにしましょうね」

と言われたそうです。

そこで処方さらた便秘薬はマグネシウム系の薬だったそうです。

ちなみにこの便秘薬の特長は、保水性があり便を柔らかくする効果や便の量を増やす効果があります。

 

それとクリニックから、市販のオリゴ糖サンプルもでたそうです。

その時、以前購入していた「ガラクトオリゴ糖」を思い出して頂いた次第です。

 

ここのクリニックにたどり着くまで、色々な病院に行かれたそうです。

大きな総合病院から近くの街医者まで。

どこの病院でも結局は、刺激性のある便秘薬に頼る治療法が多く、その場しのぎ的なものだったそうです。

 

下剤の副作用は自身の体験から十分わかっておられるだけに、その対策にがっかりされたそうです。

 

私もお話中に色々な情報提供やアドバイスをさせて頂きました。

 

今回のお話のまとめは、今通っておられるクリニックに期待されつつ便秘薬から卒業するには、腸の動きを再生することが大事で、その為にも腸内環境をいつも整えていること!
様子を見ながらあせらず薬の量をゆっくり少しずつ減らす。

 

そして1年~2年の長期ケアとなり根気が必要ですね!

具体的な腸ケアとして日頃の食事に気を使いながらオリゴ糖入りのヨーグルトを毎日、できれば朝・晩と摂って頂くようにアドバイスさせて頂きました。
(オリゴ糖は一日に大さじ4~6杯)

 

どうかどうか今回こそお役に立てますように!

それを願うばかりです。