管理人の便秘解消の気づき日記

TOPページ > 日記一覧 > 両手で

強力オリゴ糖で便秘解消

  • 高品質のガラクトオリゴ糖

お腹を両手で絞る解消法!

2012年07月04日

 

昨夜、帰宅後直ぐにテレビをつけ「みんなの家庭の医学」にチャンネルを変えたら、
偶然にも便秘解消法のテーマをやっていました。

このサイトを運営している管理人としてはとても興味がある内容なので内容が途中から
でも集中して見ました。

女優の草笛光子さんは70年以上便秘になったことがないそうです。

とても素晴らしいことです。

覚えている範囲内で草笛さんの生活習慣を書いてみます。

 

◆ 朝起きたら水1杯飲む

朝の水は、眠っている腸を目覚めさせるのによいそうです。
当サイトでも朝1杯の水を解説してます。

 

◆ 特性野菜ジュースを飲む
(キャベツ、ニンジン、セロリ、リンゴ、きな粉他・・・?)

きな粉は出演者の誰かが便秘にいいんですか?と先生に質問していましたので確かです。

 

◆ ストレッチ体操

◆ 散歩
散歩出会うお坊さんに説教しているそうです(笑)

 

◆ 入浴、40℃ぐらいのお湯につかる。
砂時計を利用して約10分ぐらい。「砂時計で10分のってあるんですかー?」っとつっこまれてしました。

 

今覚えていることをザーッと書いてみました。

これら全てが腸を元気にする生活習慣とのことです。

 

腸を元気にする体操

ある大学病院の先生(お名前は覚えてません)から腸を元気するストレッチ体操の説明がありました。

 

小腸は浮いている状態なので上下左右運動でも刺激されるそうですが、大腸は固定されているため、お腹のひねりやねじれだけでは刺激不足だそうです。
特に大腸部分、お腹の両脇側にある上行結腸と下行結腸は!

そこで、両手で絞る体操です。

 

両手の親指を背骨付近に置いてお腹を絞るようにします。
そして体をゆっくりかがめながら両手でお腹をギュッと絞って行きます。

かがめる時には息を吐きます。

 

これを4回ほどして、手の位置を少しづつ下の方へ移しまた同じように。

この体操で上行結腸と下行結腸は刺激され腸の血行がよくなり大腸が元気になるそうです。

 

次ぎに直腸部分の刺激体操です。

へその下に両手を置きます。
鼻から息を4秒くらい吸うて、口から息を8秒くらい吐く。
その時に両手でお腹を押さえるのがコツ!

 

これは複式呼吸による解消法と同じではと思いました。

この体操を続けると大腸は活性化せれ便秘解消につながるという訳です。

以上思いつくままざーっと簡単に書いてみました。


けっこう「たけしのみんなの家庭の医学」の番組で、便秘関連のテーマが定期的にありますよねー!

 

それだけ便秘に悩む方が増えてきているのでしょうか?

今回、たまたま何気なくテレビをつけてチャンネルをいじっていたら、仕事関連の内容
だったのでビックリしました。

 

これこそ「虫の知らせ」なのかと思いました。

昨夜は、ご飯を食べながら情報収集ができてとてもよかったです。