管理人の便秘解消の気づき日記

TOPページ > 日記一覧 > 肥満の原因

強力オリゴ糖で便秘解消

  • 高品質のガラクトオリゴ糖

肥満体質を作るものは?

2012年11月04日

 

本日の朝7時の番組「ゲンキの時間」で便秘や大腸、便の色や形、便質などをやって
いましたね!

録画せずに、メモに書き止めながらテレビを見ていました。

只今、夜の9時となっており、どこまでまとめれるかわかりませんが、脳を鍛えるつもりで思い出しながら、書いてみたいと思います。

順天堂大学の小林先生の解説入りで色々と食事から便になる仕組み、大腸や便意、便秘などの説明がありました。

 

まず、便の速さについて。

健康なお通じの場合(番組スタッフが実験台に)。

食事と一緒にリング型マーカーも食べてX線で便の速さを調べていきます。

食事をして、3時間後には小腸へたどり着き、その後6時間後には小腸の終わり部分に達し、大腸へ。

大腸に食べ物が入ると、速さが遅くなり時速15㎝ぐらいになるそうです。

大腸通過は、約20時間前後で直腸や肛門近くに到着。

便(食べかすなど)の圧力によって、便意のサインが出て無事排便へ!

正常な方なら、食べ物を摂って、その食べかすが肛門から出る時間は24時間から72時間とのことです。

 

しかし、3日以上排便がない、1回の便の量が35g以下の場合は便秘であると言われます。

大腸の動きが弱かったり、便を出す力が弱い「直腸肛門型便秘」になっている場合などです。

直腸肛門型便秘の一番の原因は、便意を我慢すること!

これを予防するためにも、便意のサインが出たと時はトイレに行くとですね。

 

今回の番組で勉強になったことがあります。

それは、便秘によって肥満体質を作るということです。

便秘になっている腸は、腸内細菌のバランスが乱れ毒素がいっぱい発生されて、それが腸壁から吸収され血液の中に入ります。

腸内環境が正常な場合は、栄養たっぷりななきれいなガソリンが血液によって運ばれ全身細胞のエネルギー源になるのですが、便秘状態の腸から吸収された栄養は
劣化したガソリン見たいなもので臭い栄養素。

全身細胞達は、この臭い栄養素を嫌がって欲しがらないそうです。

余ってしまった臭い栄養素は、脂肪細胞によって取り込まれてしまいます。

 

こうして全身細胞は代謝機能が弱り、逆に脂肪細胞は増えて体がだんだん太ってくるという仕組みです。

ホー、なるほどーっと思わず納得しました。

 

今回の番組では、小林先生から色々な便秘解消の説明もありました。

便の形や成分、色の説明もありました。

このホームページで説明していることと合致していて、なんとなく嬉しくなりました。

たとえば、食物繊維は、不溶性と水溶性をバランスよく食べること。

また腸内環境を整えるには、ヨーグルトだけではだめ!

「善玉菌のエサを摂るように」と指導もありました。

番組では、はちみつをヨーグルトに混ぜて食べるようにと説明しておられました。

はちみつの中にはオリゴ糖が含まれているからです!

 

でも、オリゴ糖そのものの原液を混ぜたほうがより効果的だと私は思います。

ストレス解消も重要です。

今回の番組内容は、管理人にとっては復習をしているように思えました。

ありがとうございます。

日曜日でも朝早く起きてよかったです♪