管理人の便秘解消の気づき日記

TOPページ > 日記一覧 > 無病と一病

強力オリゴ糖で便秘解消

  • 高品質のガラクトオリゴ糖

「無病息災」ならぬ「一病息災」

2011年05月26日

 

今月の初めお客様から突然のクレームが飛び込んで来ました!

オリゴ糖ではないのですが、私の応対が悪かったせいでお客様をかなり怒らせてしまいました。

クレーム処理は年に数回ある程度で、対応慣れしていない、また対応能力のなさを露呈してしまいました。

 

当然、私も強くない人間なのでお客様の声を反芻したりして、それが頭の中を支配しており気分が落ち込んだり、 ため息をついたり。

数日後少し落ち着き、これも神様から与えれた試練と前向きにとらえるようになり、
ちょっとした気分転換で前向きな気持ちになりました。

その前向きな気持ちからか、まず私自身の足らなかったことを反省し自身の向上として思いついたのが本です。

 

早速「クレーム、対応の基本」という本を購入して勉強しました。
本を読んで自分の対応がいかに間違っていたのか勉強になること気づきも沢山ありました。

その本でとても印象に残ったの章といいますか言葉があります。

それは・・・「一病息災」という言葉。

 

「無病息災」ならぬ「一病息災」

 

いつも健康な人より、一つでも病気をもっている人の方が検診にいったり日頃から
気をつけるので、かえって長生きできる。
過信の方が危険な場合が多だあるということです。

クレームも同じで、クレームを解決していく過程で会社自体大きく成長していくものである。

 

逆にクレームがぜんぜんない会社の方が危ない!

会社という身体の中には、クレームが一部となってくっついてくるのが自然な成り行きで、これは成長する為の道具である。

私は、クレームは正直イヤな存在としてとらえていますがこの文章を読んで少し気持ちが楽になりました。

 

またふと思ったことは、便秘や下痢にも当てはまるかも!?

便秘にしても下痢にしてもこれらは人によっては大きな悩みの一つです。

でもこの体調不良、便秘や下痢のお陰で健康意識が高まり、食事に気をつかったり
運動をしたり自然に生活習慣の中に入り込んでいるのではないかと!
っと思いました。

「便秘」のお陰でその解消法を色々と調べたり勉強し、そしてチャレンジしていく過程があり、健康の大切さを実感し老後にも役にたつのではないかと。
私なりに納得しております。

月のスタートはクレームから始まりイヤな気分で落ち込んでせっかくの私の誕生日月が最悪なスタートだ!
っと思っていましたがクレームのことをそのままムヤムヤにせず、気分転換をして
「本を買って勉強する」という ちょっとした行動が私自身にとって、とてもプラスになった月となりました。